化粧水について

化粧水のつけすぎ・塗りすぎには要注意!しすぎ美容は皮脂分泌の原因!

投稿日:2016年12月9日 更新日:

化粧水 つけすぎ化粧水はお肌の潤いを与えてるための重要なスキンケアの一つです。お肌のバリア機能の維持やターンオーバーを保つ役割もして日々の効果で美白・美肌を手に入れられますが、化粧水のつけすぎで求めている「美肌」が遠のいているかも・・・今回は「しすぎ美容」について書いてみます(´・ω・`)

化粧水のつけすぎは逆効果?

160071c947ac677267c334fedc0899a8_s

お肌は、表面わずか0.22㎜の角質層にしか浸透しないのでつけすぎによって一定の量を超えると浸透せず、化粧水がお肌の表面で蒸発しだします。その時、表面だけでなく内側にある水分までも逃げていくので適量を超えるといくらスキンケアを念入りにしていても逆効果になってしまうのです(;'∀')化粧水をたっぷり塗っていても乾燥が治らないという方は化粧水のつけすぎが原因かもしれません(´;ω;`)

 

化粧水つけすぎるとどうなる?

化粧水をつけすぎるとどうなるのでしょう?乾燥がさらに悪化するだけでなくお肌に様々な影響をあたえてしまいます。

・乾燥にそり毛穴の開きが目立つ
・乾燥肌が慢性的に
・お肌の保湿機能が低下・衰える
・かゆみ・赤みやニキビなどお肌トラブルの悪化
・お肌の老化が進む

などこのような肌トラブルが起きてしまう事もあります。自分の肌荒れの原因は「乾燥」だと勘違いしてしまい、ついつい「しすぎ美容」をしてしまっている人は要注意です。もしかしたら原因は乾燥ではなく、化粧水のつけすぎかもしれません。

 

化粧水を長時間のパッティング

化粧水をコットンにつけてパッティングをする際などはいつまでも長い時間、パッティングをしていると肌へ負担がかかります。何度も何度も肌を叩いてしまうと肌の乾燥につながる場合もありますのでパッティングのやりすぎにも注意が必要です。パッティングをやりすぎる事によって肌に赤みが出る「赤ら顔」の原因になる可能性もあります。

 

ただ単に化粧水のつけすぎ

化粧水のつけすぎは肌に傷を作ってしまう場合があります。なので化粧水をたっぷり塗って保湿していると思っていてもその量が合っていなければ乾燥を悪化させている事もあるのです。化粧水をしっかり塗っているのに乾燥するという方はもしかしたら化粧水のつけすぎが原因かもしれませんね。

 

何度も化粧水を重ね塗り

化粧水を塗っても塗っても肌の奥に浸透して乾いてしまうという場合もあります。そういった場合は化粧水を何度も重ね塗りをしている人が多いようですがもうその時点が乾燥が始まっています。肌が化粧水を吸い込むからと言ってたくさん何度も重ね塗りしてしまうのは肌の状態を悪化させる原因ともなります。

 

化粧水をつけすぎで乾燥する原因

img_16420

化粧水のほとんどが水なのでつけた直後はお肌ももちもちして保湿された感はありますがあくまでも水なのでほんの一瞬…肝心なのはそのあと乳液でフタをしてあげることです。なので化粧水をじゃぶじゃぶ使っても水が蒸発していくだけなので結果乾燥を悪化させてしまうのです( ;∀;)

 

化粧水を付けた後はしっとりなのに・・

お風呂上りに化粧水をたっぷり塗ってその時は肌も潤っていて肌がモチモチしていますが時間が経つと今まで以上に乾燥してしまっている場合は化粧水を付けすぎてしまっている場合が多いです。こういった現象を過乾燥(かかんそう)と言ってしすぎ美容の症状とも言えます。肌は化粧水をぬれば塗るほど潤うのではなく自分に合った適量を塗る事で潤いを与える事が出来るのです。

 

化粧水の効果について

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

つけても意味ないなら最初から乳液だけでよくない?と、めんどくさがり女子なら思うかもしれませんね(笑)そもそも化粧水はどんな役割をしてくれるかご存知ですか?化粧水は、お肌(皮膚)を保湿して整え滑らかにしてくれて要は、「お肌と角質層を整える」ためのものなのです('ω')ノお肌に水分を与えて蓄えるわけではなくお肌の状態をよくするために化粧水は重要なのです☆

 

アルケミーはセラミド入り

私がおすすめしているアルケミーの化粧水はセラミドが配合されています。セラミドは保湿効果が高い成分なので少量の化粧水でしっかり肌を包み、保湿。そして肌のターンオーバーを整える働きをしてくれます。アルケミーの化粧水を使っている場合はつけすぎず思っているよりも少量でスキンケアすると肌の調子がいいような気がします( ^ω^ )

 

さっぱり系の化粧水はつけすぎる

アルケミーを使う前はさっぱりタイプの化粧水をよく使っていました。さっぱりタイプの化粧水をつけてもつけても肌についている感じがないので何度も重ね塗りをしていました。その結果、なんだか肌のくすみがひどくなりました。たくさん化粧水を塗ってしまった事で肌内部の乾燥が進み、肌へダメージを与えていたようです。なのでさっぱり系よりもテクスチャーが重めの化粧水の方がいいなぁと思います。

 

お肌が喜ぶスキンケア

dsc00325

お肌の表面は皮脂で潤っているのが理想です。加齢により皮脂不足は起こりますが皮脂不足を補うことは可能ですよね☆乾燥を防ぐためにもお肌には優しくお手入れしてあげることが大切です☆効果的な化粧水のつけ方として、お湯などで手を温めてから化粧水を塗っていくとお肌に刺激を与えずに済みます。また、化粧水をつけるのに手とコットンどちらがいいの?という質問はよくありますが、肌荒れなどがある場合、コットンを使用するとお肌を更に傷つけてしまったりコットンの繊維がニキビなどにくっついてしまうことがあるので肌荒れに悩んでいる方はコットンは使用せずに手で行いましょう。

 

洗顔後すぐにスキンケア開始

化粧水を塗るタイミングは洗顔後すぐに行いましょう。洗顔後は皮脂がない状態ですぐにお肌がかわいてしまうので、お肌の水分補給はすぐさましっかり与えてください。このとき、パンパンお肌をたたいてなじませている方もいますが、優しく押すように入れ込むのがポイントです☆('ω')ノ

 

・肌がヒリヒリする場合

化粧水をつけて肌がヒリヒリする場合や赤くなっている場合は化粧水の使用を控えた方がいいかもしれません。肌はヒリヒリしているけどスキンケアは欠かせないというのはNGで、その化粧水のつけすぎが肌のヒリヒリを引き起こしている可能性もあるので肌が痛いなぁと感じたら一旦、今行っているスキンケアをやめてみるというのもアリですね。

 

・化粧水の量とは

化粧水のつけすぎはいけないという事はわかりましたが「どれくらいの量がいいの?」と思いますよね。基本的には手のひらに500円玉くらいの量をとって塗るのがおすすめされていますがやはり化粧水の量も個人差があります。ニキビがよく出来る人は少なめにしてみたり、脂性肌が気になっている人は普通で大丈夫だったりと肌質によって化粧水の量も変わってきますので自分に合った量を見つける事がいいでしょう。

 

やめるタイミングも…

img_et1

ついつい念入りに化粧水をいつまでもつけ続けている方もいますよね。短すぎても浸透していないかもしれないしやめるタイミングって実際いつなの?と思う方もいるかもしれません。基本、化粧水がお肌に浸透した時のサインは、もちもちした感触やお肌が手に吸い付くような感覚を実感したときです☆それが浸透サインなのでそれ以上やっても更にもちもちしたり吸い付きが増すわけでもなく逆効果になりかねないので浸透サインが出たら素早く乳液でフタをしてあげましょう。

 

まとめ

化粧水のつけすぎが原因で起こる肌トラブルを紹介していきましたが、「つけすぎ」の基準は人それぞれのお肌の健康状態によるので「量はこのぐらい」と確かなことは言えませんが、その商品の適量を目安に自分のお肌に合わせた量を少しずつ変えていくのが良いでしょう。安価・高価を問わず「つけすぎ」はお肌を傷つけてしまうことは間違いありません。結果細胞の機能自体が低下してしまいますので注意しましょう。

 

 

.

 

 

カテゴリー

-化粧水について

Copyright© 人気の美容液!アルケミー化粧水の口コミとレビューはこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.