スキンケアについて

年齢と共に減少する肌の水分量を保つにはどうする?

投稿日:

肌 水分量

透き通ったみずみずしいお肌は女性誰でもの憧れですね。お肌のうるおいやハリ・美白の要素はお肌の水分量が鍵となります。ですが、年齢を重ねるにつれお肌の水分量が減少していってしまいます。それを防ぎ、いつまでも若々しいお肌を守るにはどうしたらよいのでしょうか・・・

いつまでも理想の赤ちゃん肌

肌 水分量

赤ちゃんの肌ってずっと触っていたいぐらい気持ちいいですよね。人間の身体は約60%の水分で出来ています。生まれたばかりの赤ちゃんの水分量は約80~90%、子供は70%以上です。赤ちゃんのお肌がみずみずしくもちもちしているのは水分量が多いからというのがわかりますよね。年齢を重ねるごとにその水分量が減少されて老人になると50%程度になってしまうそうです。ですが、成人した大人が80%~90%の水分量というのは絶対に無理なこと。全体重の60%が水分であれば問題ないのです。では、少しでも赤ちゃんの肌に近づけるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

水分量が減少し始める年齢

上記で年齢を重ねると共に少しずつ減っていくのがわかったと思いますが成人を過ぎた方の水分量は40~60%が理想です。最低でも40%あればシミやたるみの肌老化は裁量減におさえられるといわれています。20代はまだ大丈夫なんて思っていると大きな間違い!!!!30歳を手前にして焦り始めても肌老化はとっくに始まっていたりするんです。20代のうちに30、40、50代になった自分をいたわるためにお肌のケアだけはしていくのが大事!!!テレビで観ましたが美魔女さんの美の秘訣は「ネバネバ」を毎日食事に取り入れることだそうです。オクラや長芋に含まれている「ムチン」という成分が水分を保持する効果があると言われています。

 

肌の水分量を保つために出来る事

肌 水分量

年齢と共に水分量が減っていき、そのままにしてしまうとシワやたるみが起こります。そうならないために早めのケアが必須!お肌の水分量は季節ごとで変化が起こります。ホルモンバランスなどでも変わってくるのでその都度ケア方法も変えていくのがよいですね。そこで、水分量をしっかり保つために日々できることは何かを紹介していきたいと思います。

 

・毎日の洗顔が重要

朝晩と洗顔しない方はいないと思いますが洗顔は本当に大切なことです。夜洗顔しても朝起きれば見えない汚れはしっかりついていますし、夜は1日の汚れを洗い流す必要がありますね。ですが、ただ洗えばいいという訳ではありません(;´∀`洗顔はつねに「丁寧に」「優しく」がポイント!!!丁寧な洗顔を毎日行うことで健康なお肌を保ちます。32~34℃程度のぬるま湯でクレンジング・洗顔を行いましょう。お湯の温度が高いと必要な皮脂まで落としてしまうことになります。そして肝心なのが「泡」!!!ボリュームのあるもこもこ泡で洗ってあげましょう。やりすぎも良くないので洗顔の時間は1~1分半程度で洗い流しましょう。

 

・スキンケアは保湿成分配合のもの

洗顔後のスキンケアはうるおいをしっかり与えるために保湿成分が配合されたものを選びましょう。保湿成分と言えば、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」「アミノ酸」があります。それらの成分がしっかり配合されているものを選びましょう。基礎化粧品の買い替えを検討している方は、専門店などで水分チェックをしてくれるところもあるので自分の肌状況も調べてから基礎化粧品を選ぶのが良いですね(`・ω・´)b

 

まとめ

肌 水分量

お肌の水分量を守るためには他にも、バランスの良い食事をとることや適度な運動、十分な睡眠が必要です。生活習慣がなまっているとお肌にも影響してしまうことを忘れずに規則正しい生活を心がけることも美肌を手に入れるために意識しなくてはいけませんね・・・。まずは出来るところから実践してみましょう( *´艸`)

 

-スキンケアについて

Copyright© 人気の美容液!アルケミー化粧水の口コミとレビューはこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.