アルケミーについて

アルケミーのメイク落とし・クレンジングについて

投稿日:2016年10月14日 更新日:

アルケミーのメイク落とし「ハイドロリフレックスクレンジングジェル」は、酵母発酵エキス「ベガル」をはじめとする保湿成分が浸透し、ミルフィーユ状になったオイル層がメイクを浮かしてなめらかな素肌に導きます(*'ω'*)

1.アルケミーのメイク落としの成分

79fcef305a5a4c3e8648b6ebaae5ca5a_s

アルケミーのメイク落としに含まれている成分を紹介します。アルケミーのクレンジングにはしっかり保湿成分も含まれているので厚めのメイクを落としてもしっとり潤った仕上がりなのです(^^)/

パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ジカプリル酸PG、水、BG、ジステリアン酸スクロース、ステアリン酸ボリグリセリル-10、酵母発酵エキス、ステアリン酸スクロース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、香料

 

・パルチミン酸エチルヘキシル

植物油脂(ヤシ油など)に多く含まれている高級脂肪酸と、2-エチルヘキシルアルコールの化合物です。軽い仕上がりの油性基剤で、低粘度でべた付きずらく肌になじみやすくて安全性の高い成分です。

 

・グリセリン

海藻・高等植物・動物などに含まれるアルコールの一種です。人間の体には中性脂肪として存在します。グリセリンの美容効果として、美肌効果や肌荒れ防止が挙げられます。強い吸収力があり、化粧品の保湿成分として配合されている成分です。

 

・ジカプリル酸PG

皮膚の表面に保護膜を作ってくれて乾燥を防ぐ効果があります。メイクをオフした後ももちもち肌で乾燥肌の方には最適な成分です。

 

・BG

BGには、保湿作用・抗菌作用があります。天然成分ではないですが低刺激なのでお肌に悪影響はありません。保湿成分としては、さらっとした使用感があります。抗菌力と肌をしっとりさせる保水性もあるので化粧品だけではなく歯磨きにも使わています。抗菌作用は、防腐作用として化粧品自体の抗菌に使われていることが多いです。

 

・ジステリアン酸スクロース

肌をなめらかにして肌のキメ細かくする効果や、感触をやわらかくして透明感も与える効果があります。糖類とココナッツ・ヤシ油が由来の天然の脂肪酸であるステアリン酸から作られた成分です。

 

・ステアリン酸ボグリセリル-10

うるおいを与える働きをもちます。乳化剤として食品にも使用されていて安全性もとても高い界面活性剤です。天然の油脂とロウで構成された成分で、高級な脂肪酸といわれています。

 

・ステアリン酸スクロース

美容成分を浸透させやすく肌への刺激も少ないことから多くの美容液に配合されています。肌を滑らかにしてキメ細かくする効果や、お肌の感触が柔らかくなるなどの効果が挙げられています。

 

・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

「自宅でサロン気分」といわれるほど優秀な成分です。修復・保護の働きをして、安全性は非常に高く副作用の心配はありません。主な美容効果として、洗浄・保湿・保護・肌荒れ防止が挙げられます。

 

2.効果的な使い方のポイント

99fca4eed59f82116898bd1821c82c0d_s

手と顔は乾いた状態で使用します。クレンジングを大粒のさくらんぼ1個分手のひらに取りTゾーンに伸ばしてUゾーンへ。顔全体に伸ばした後ポイントメイクに馴染ませてぬるま湯で洗い流しましょう。効果的なポイントは、オイリーな部分を先に浸透させてから乾燥部を塗っていくと時間が短くなるのでおすすめです。

 

3.マツエクを付けていてもOK!

マツエクには、オイル・クリームクレンジングとの相性が悪く、マツエクを付けている方はジェルやリキッドタイプが適しています★アルケミーのジェルクレンジングはオイルフリーなのでマツエクをつけていても安心して使えます。目元のクレンジングはまつ毛に触れないように優しく落としましょう。

 

4.こんな方にオススメ★

6ec209215b874977b612b561c17bec63_s

アルケミーのメイク落としに最適な方は・・・

・すっきりさっぱりな洗い上がりを望む方
・肌に負担をかけたくない方
・毛穴、角質が気になっている方
・素早くメイクオフしたい方

アルケミーのメイク落としは、しっかり毛穴の奥まで洗い流してスッキリ感も満点!!
乾燥肌の方にも是非おすすめです。

 

.

-アルケミーについて

Copyright© 人気の美容液!アルケミー化粧水の口コミとレビューはこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.