アルケミーについて

アルケミーの人気メイク落とし・クレンジングについて

投稿日:2016年10月14日 更新日:

アルケミーのメイク落とし「ハイドロリフレックスクレンジングジェル」は、酵母発酵エキス「ベガル」をはじめとする保湿成分が浸透し、ミルフィーユ状になったオイル層がメイクを浮かしてなめらかな素肌に導きます(*'ω'*)今回はアルケミーのメイク落とし(ハイドロリフレックスクレンジングジェル)についてと、クレンジング選び方などについて紹介したいと思います( ^ω^ )

アルケミーのクレンジングおすすめな理由

アルケミーのメイク落とし(ハイドロリフレックスクレンジングジェル)は毛穴ケアにとても適しているクレンジングです。一度使うとわかるのですがクレンジングを流した後のお肌がツルツルでまるでピーリングをしたかのようなしっとりした仕上がりになります。また小鼻の周りなど毛穴が詰まりやすい所も一度でツルツルになるのです。なので毛穴の奥の汚れやメイクまで落として肌を清潔に保ってくれます。

 

・保湿効果も高い

アルケミーのクレンジングは保湿効果がとても高いです。洗い流したあと肌がしっとりしています。つっぱる感じは一切ありません。そして保湿成分が配合されているからなのか使っているうちに肌が明るくなります。乾燥を改善することで肌は白くなるのでそのせいかもしれません。美白効果も高いクレンジングです( ^ω^ )

 

・低刺激で肌に優しい

アルケミーのクレンジングは肌に優しい成分で作られています。極力、肌に負担をかけないような成分配合になっているので敏感肌の方でも安心して使えます。普段から肌荒れしやすい人は脂性肌・乾燥肌で悩んでいる方は一度アルケミーを使ってみてくださいね。アルケミーには水分と油分のバランスを整える力があるので皮脂の過剰分泌を抑えたり、乾燥してヒリヒリしている肌を修復してくれる効果も期待できます。

 

アルケミーのメイク落としの成分

79fcef305a5a4c3e8648b6ebaae5ca5a_s

アルケミーのメイク落としに含まれている成分を紹介します。アルケミーのクレンジングにはしっかり保湿成分も含まれているので厚めのメイクを落としてもしっとり潤った仕上がりなのです(^^)/

パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ジカプリル酸PG、水、BG、ジステリアン酸スクロース、ステアリン酸ボリグリセリル-10、酵母発酵エキス、ステアリン酸スクロース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、香料

 

・パルチミン酸エチルヘキシル

植物油脂(ヤシ油など)に多く含まれている高級脂肪酸と、2-エチルヘキシルアルコールの化合物です。軽い仕上がりの油性基剤で、低粘度でべた付きずらく肌になじみやすくて安全性の高い成分です。

 

・グリセリン

海藻・高等植物・動物などに含まれるアルコールの一種です。人間の体には中性脂肪として存在します。グリセリンの美容効果として、美肌効果や肌荒れ防止が挙げられます。強い吸収力があり、化粧品の保湿成分として配合されている成分です。

 

・ジカプリル酸PG

皮膚の表面に保護膜を作ってくれて乾燥を防ぐ効果があります。メイクをオフした後ももちもち肌で乾燥肌の方には最適な成分です。

 

・BG

BGには、保湿作用・抗菌作用があります。天然成分ではないですが低刺激なのでお肌に悪影響はありません。保湿成分としては、さらっとした使用感があります。抗菌力と肌をしっとりさせる保水性もあるので化粧品だけではなく歯磨きにも使わています。抗菌作用は、防腐作用として化粧品自体の抗菌に使われていることが多いです。

 

・ジステリアン酸スクロース

肌をなめらかにして肌のキメ細かくする効果や、感触をやわらかくして透明感も与える効果があります。糖類とココナッツ・ヤシ油が由来の天然の脂肪酸であるステアリン酸から作られた成分です。

 

・ステアリン酸ボグリセリル-10

うるおいを与える働きをもちます。乳化剤として食品にも使用されていて安全性もとても高い界面活性剤です。天然の油脂とロウで構成された成分で、高級な脂肪酸といわれています。

 

・ステアリン酸スクロース

美容成分を浸透させやすく肌への刺激も少ないことから多くの美容液に配合されています。肌を滑らかにしてキメ細かくする効果や、お肌の感触が柔らかくなるなどの効果が挙げられています。

 

・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

「自宅でサロン気分」といわれるほど優秀な成分です。修復・保護の働きをして、安全性は非常に高く副作用の心配はありません。主な美容効果として、洗浄・保湿・保護・肌荒れ防止が挙げられます。

 

効果的な使い方のポイント

99fca4eed59f82116898bd1821c82c0d_s

アルケミーのクレンジング(ハイドロリフレックスクレンジングジェル)は手と顔は乾いた状態で使用します。クレンジングを大粒のさくらんぼ1個分手のひらに取りTゾーンに伸ばしてUゾーンへ。顔全体に伸ばした後ポイントメイクに馴染ませてぬるま湯で洗い流しましょう。効果的なポイントは、オイリーな部分を先に浸透させてから乾燥部を塗っていくと時間が短くなるのでおすすめです。

 

・指の腹を使って優しくなでる

クレンジングジェルは肌につけることで柔らかいテクスチャーになります。なので指の腹を使って優しく肌をなでるようにしてメイクを落とします。円を書くようにクルクルとすると肌の奥の汚れまで取れます。顔の全体にゆっくり丁寧にクレンジングを伸ばしていくと◎です( ^ω^ )

 

・アイメイクや口紅も♡

アイメイクや口紅など比較的メイクが濃い部分もサッと簡単に落とす事が出来ます。CMなどでもこすらず落とすというようなクレンジングが流行っていますがアルケミーを軽くこするだけで綺麗に目元や口元のメイクが落ちます。低刺激なジェルタイプのクレンジングですがメイクはしっかり落ちてゴシゴシこする必要もありません。

 

・ぬるま湯で優しく流す

最後にメイク落としを流す時はぬるま湯で優しくなでるように流してください。時間がかかるからと言ってシャワーを直接顔にあてて落とすのはNGです。肌に傷がついてしまい色素沈着の原因にもなりますので手の平でお湯をすくって優しく洗い流します。

 

クレンジングの選び方について

クレンジングはたくさんの種類があり、どれを選んだらいいかわからないという方にクレンジングの種類のメリットやデメリットについて紹介したいと思います。

 

・クレンジングオイル

こちらはほとんどの女性が知っていると思います。クレンジングと言ったらオイルクレンジングというほど知名度が高く人気もありますよね。オイルが入っているのでメイクを浮かして落とす力が強いです。

・メリット
洗浄力が強く、バッチリメイクもスッキリ落とせる。プチプラなものが多く少量でメイクが落とせるのでコスパもいい。

・デメリット
洗浄力が強い分、肌への刺激も大きい。オイルが入っているのでマツエクを付けている人は使えないものが多い。

 

おすすめのクレンジングオイル

私は常にマツエクをつけているのでクレンジングオイルを使う時は「シュウウエムラのA/O+ P.M.クリア ユースラディアントクレンジング オイル」を使っていました。シューウエムラはお値段は高いですがロングセラーの商品ですし質もいいのでお気に入りでした。

450ml 9,600円

 

 

 

・クレンジングリキッド

クレンジングリキッドも洗浄力が強いメイク落としです。しかしクレンジングオイルとは違い主成分は水です。なのでテクスチャーもオイルより軽いものが多い気がします。クレンジングオイルよりもクレンジングリキッドの方が水っぽい感じがあります。

・メリット
洗浄力が強く、洗い上がりがしっとりしているものが多いと思います。また拭くだけのクレンジングリキッドなどが人気があり、もとが水から出来ているので洗い流す必要がないという商品まで存在し、忙しい女性に人気の種類です。

・デメリット
ただし水だけでメイクを落とす事は出来ないのでメイクの洗浄力を上げるために界面活性剤が多く含まれている場合が多い。=肌への負担も大きい

 

おすすめのクレンジングリキッド

リキッドタイプのクレンジングなら「ビフェスタのうる落ち水クレンジング」がおすすめです。マツエクにも使えるとのことでした。ですがこちらはコットンに乗せて拭き取るようなタイプなのであまりこすりすぎると肌への負担もありますので優しく使いましょう。

300ml 1,000円

 

 

 

・クレンジングジェル

クレンジングジェルはリキッドと配合成分が似ていますがテクスチャーもジェルの方が硬めで洗浄力が少し落ちますが肌への刺激も落ちます。最近、人気が上がってきているクレンジングの種類です。オイルよりも低刺激でミルクよりも洗浄力がある為、愛用者が増えてきています。

・メリット
洗い上がりがしっとりしていて乾燥肌や敏感肌の人でも使える。肌に必要な油分はしっかり残してメイクだけ落とすので肌にさやしい。

・デメリット
若干メイクの洗浄力が落ちる。

 

おすすめのクレンジンジェル 

クレンジングジェルならもちろんアルケミーのハイドロリフレックスクレンジングジェルがおすすめです。洗い上がりがしっとりしていて毛穴の汚れがごっそり取れます。毛穴ケアに適したクレンジングジェルです、優しくゆっくりメイクを落とすと毛穴の奥まで汚れを取り除いて肌トラブル防止♡

トライアルセット 1,000円

 

 

 

・クレンジングクリーム

クレンジングクリームは肌と指の間のクッションのような役割をするのでメイク落としをする時に肌に摩擦が起きにくく、肌への負担が少ない事が人気のポイントです。また本当にクリームのようなテクスチャーなのでメイク落とししながらマッサージもできます。

・メリット
クリームなので洗い上がりしっとりでメイク落とししながら顔の筋肉をほぐしたり、疲れをとるマッサージが出来ます。

・デメリット
オイル配合量が少ないのでメイクの洗浄力は落ちるかと思います。ウォータープルーフの化粧品を使っている場合はダブル洗顔が必要かもしれません。

 

おすすめのクレンジングクリーム

私自身、クレンジングクリームを使った事がないのでお勧めの商品がわからないのですがアットコスメで人気ナンバーワン(2017/6現在)のクレンジングクリームを紹介します。「コスメデコルテのAO ミリオリティリペアクレンジングクリーム」です。高価格ですが使ってみるとそれなりの効果を実感できると口コミに書かれていました|д゚)

150g 10,000円

 

 

・クレンジングミルク

クレンジングですが肌にとても優しいので普段から薄メイクの方に人気があります。テクスチャーはかなりなめらかで肌馴染みも良いです。

・メリット
肌に優しいので肌が乾燥しやすい人におすすめできるクレンジング。肌につけるとスーッと馴染んでいくような使い心地。

・デメリット
洗浄力が落ちるのでウォータープルーフなどの化粧品を使っていたり、濃いアイメイクは落とすのが難しい。

 

おすすめのクレンジングミルク

おすすめのクレンジングミルクは「アクセーヌのミルキィクレンズアップ」です。メイクだけではなくニキビの原因となる角栓なども取ってくれるので肌荒れが気になっている女性にはおすすめのクレンジングです。ただし濃いメイクはなかなか難しいのでポイントリムーバーを使った方がいいかもしれません。

120g 2,800円

 

 

まとめ

クレンジングの選び方や種類についてもまとめてみましたがいかがだったでしょうか?今までは人気のもの、安いものばかりでクレンジングを選んでいましたが肌をきれいにするにはクレンジング選びと方法がとても大切になります。今までのクレンジングで満足している場合には変える必要はないと思います。ですが今のクレンジングに不満、または肌トラブルがある方は自分に合ったクレンジングを探してみるのも美肌になる秘訣だと思います。

 

・アルケミーはこんな方におすすめ♡

6ec209215b874977b612b561c17bec63_s

アルケミーのメイク落としに最適な方は・・・

・すっきりさっぱりな洗い上がりを望む方
・肌に負担をかけたくない方
・毛穴、角質が気になっている方
・素早くメイクオフしたい方

アルケミーのメイク落としは、しっかり毛穴の奥まで洗い流してスッキリ感も満点!!乾燥肌や脂性肌の人にもおすすめのクレンジングジェルです。また毛穴の詰まり、黒ずみが気になっている方はぜひ、一度試してみてくださいね( ^ω^ )

 

.

-アルケミーについて

Copyright© 人気の美容液!アルケミー化粧水の口コミとレビューはこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.